So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

【日本の危機】真実は、いつも1つ!朝鮮人徴用工の真実。 [目から鱗@@;]

こんばんは^^

いつも、ここで、訴えていますが^^;
ハッキリ言って、ここに来てくださっている皆様は、私が叫ぶ内容など、既にご存知の方々ばかりだと思います^^;
だから、ここに来てくださっている皆様の向こう側に居る、地上波テレビだけから情報を得ている人達に、
ここで叫んでいることを伝達してほしいなあって思いながら叫んでいます^^;

でも、私が叫んでいる言葉のままでは、拒絶反応を起こされるかもしれません^^;
なので、それとなーく、
「これ、最近、人気の番組なんだって」とか
「この本、若い子に凄く読まれてるみたいね」
って感じで(笑)
だいたい、地上波テレビしか見ない方々って、流行りものに弱いですから(笑)


朝日新聞は、9月23日に、またまた、捏造記事を出したみたいですね。
石平さんのtwitterでリツイートしていたので知りました。

20170924_twitter.jpg

こんな風に、安倍政権を潰すことしか考えていない反日マスメディアだらけです。

日本の危機の今、安倍政権を潰して、誰が代わりを務めることができるのですか?

海外の重鎮達と正面から向き合うことのできる人が、他に居ますか?

安倍政権を潰したい反日野党と反日マスコミは、日本を潰したいと思っているから、安倍政権を闇雲に叩いているんですよ。
TB◎関係の建物の中では、英語では無い外国語が飛び交っていると、虎ノ門ニュースで聞きました。
そのくらい、テレビ局は乗っ取られているんですね。恐ろしい現実です。

今、日本に住んで、日本の恩恵を受けて、平穏な日々を送ることのできている人達が、
反日人間に洗脳されて安倍政権を貶める道を選んでしまって、どうするんですか?

安倍総理の代わりが務まる人は、誰ですか?

私は、居ないと思いますよ!

あなたが、「この人なら代わりになる人だ」と思っている人の過去を、よーく考察してください。
どういう発言をしてきたか、どういう仕事をしてきたか、どういう組織と親しいか、何処の国と親しいか。
しっかり分析すれば、今の危機を乗り切ることのできる人物かどうか、うっすらでも分かるのではないでしょうか。

地上波は反日ですから、そこで語っている池上さんやコメンテーターから学んだことは、どうなんでしょうね?

昔、子供の頃、NHKの大河を見て、歴史を学んだ気になっていた私と、まるで同じ状態かもしれませんよ^^;
物知りになったつもりが、世界では非常識だったぁ!!!!!(笑)

日本人全員が、真実の歴史、史実をしっかり学んで、嘘を言われた時に気づく人にならなければ。
そして、しっかり反論できる人にならなければ。

そうでなければ、韓国や中国が吹聴している嘘の歴史と戦う歴史戦には勝つことはできないと思います。

歴史戦で負けること、それは、私達の子孫が、世界に出て行った時、これからもずっと、学校や地域で、根も葉もないことで苛められると言う事です。
実際に、今も、世界中に居る日本人の子供達が、
「お前たちの先祖は、こんな酷いことをやったんだぞ。」
などと、いじめられているそうです。

杉田水脈さんもおっしゃっていましたが、事実を世界に訴えるには、史実を英語で書かれた文献が必要のようです。
日本語でいくら訴えても、証拠にならないようです。
その為に、海外で暮らす日本人の方々が、歴史的事実を学ぶ講演会の為に公の施設を借りることも拒否されたそうです。それが、現実なんです。

海外で講演をされる方は、FACEBOOKもBLOGも英語で書いておかないといけませんね。
公共施設を借りる為に、ご自分を証明する方法すら無かったそうです。

日本という護られた島国の中でだけで、日本語だけで、事実を広める為に頑張ってもダメなんですね。
悲しい現実。

私のような庶民には関係ない話かもしれませんが、
私達の子や孫に語り継ぐ為に、そういうこと、頭の隅っこにでも記憶しておいた方がいいと思います。

英語のできる日本人の方々は、今こそ、日本人の名誉回復の為に、貢献できる時だと思います。
日本人なら、日本を護りたいと思ってほしい。
国益を考えて生きてほしい。
その為には、反日地上波や反日新聞が、日本を潰す為に報道している嘘に騙されないでほしい。

慰安婦の強制連行は無かったこと、
徴用工の強制連行は無かったこと、
しっかり事実を学んで、英語で論文を書いてほしいです。
どうぞ、お願いいたします。

英語のできない私達は、日本国内で嘘を吹聴する反日人間に負けないように、
しっかり史実や現状を学ばなければいけませんね。

【ニュース女子】では、タレントの重盛さと美さんも、「難しい」と言いながら、眠い目をこすりながら(p≧∀≦q)、先生方が話す時事問題を、一生懸命聞いて、頑張って勉強しています。
彼女が、時々、笑いを起こしてくれるので、空気が和んでいますね^^
とても面白い番組です。
毎週、楽しみにしています。

DHCテレビ、本当に、日本の為に貢献していると思います。
電波が自由化になった時には、愛国企業がスポンサーになってあげて、是非、地上波の権利を獲得してほしいです。

今の日本、あまりにも、反日地上波テレビ局に洗脳されてる日本人が多過ぎますもん(/_;)



ではでは、徴用工の嘘を広めている韓国ですが、
当時の朝鮮人徴用工の手記の内容が少し分かる部分だけ、抜粋しました。


❀❀❀・・・❀❀❀・・・❀❀❀・・・❀❀❀・・・❀❀❀

https://www.youtube.com/watch?v=4Nl-ioEs39s
櫻井よしこ× 呉善花 対談


櫻井:これ、実は、『朝鮮人徴用工の手記』というので、朝鮮の人が書いたんですね。これ。
鄭 忠海(チョン・チュウカイ)と言う人が書いたものです。井下 春子 (翻訳)

これ、もともと、朝鮮語で書かれたのが、1970年に書かれているんですね。
この人、徴用工として、日本に来た人なんです。

昭和19年に徴用の礼状を貰って、日本に、関釜連絡船で、みんなと一緒に来て、東洋工業という、車のマツダと言えば分かり易いですかね。そこで働いた。広島で働いて、原爆投下を実際に見た人なんですね。
この人、昭和19年の12月に、日本に来て、日本が負けるまで日本に居るんですけども、その時の体験を、自分が忘れないうちにと書いたのが、1970年

この人が、日本人に会って、日本人の人に見せたら、「本当に貴重な記録だから」と言うので、日本語になったのが、1990年なんですね

この内容を見ると、すごく面白くて、
徴用で日本に働きに行く時にね、港に、みんな、壮行会で、「行ってらっしゃい」って、みんなが励ましてくれたと

もし、本当に、日本人が、朝鮮の人を虐待したり虐殺したりしていたら、その噂って必ず広がりますでしょ?

オ:そうですねえ。

櫻井:広がらないはずないですよね。

オ:そうですね。

櫻井:そうしたら、日本に行く人を止めるでしょう、みんな。
止めないで、「いってらっしゃい」って言ってるわけですよね

オ:ええ。

櫻井:日本に来ました。そしたら、東洋工業の方が、ちゃんと港のところまで迎えに来ていて
「長旅、本当にお疲れ様」って言って、こう、労ってくれるんですね
で、その会社に行ったら、新築の寮が建っていた。
そこの寮に行ったら、20畳の部屋があって、10?の労働者が、そこで寝泊まりするんですが。
真新しい絹の布団みたいなものがあって、ご飯も、美味しいご飯を、お腹いっぱい食べさせてもらって、何と言っても、お給料が140円

オ:というのは、かなり、どうですか?

櫻井:当時の巡査のお給料、初任給が、月給で54円だった。

オ:じゃあ、かなり高いですね。

櫻井:そして、当時の日本の兵隊さん、平均値ですから、これが、10円弱ですから。
だから、140円って物凄い高いんです。

オ:大きいですね。

櫻井:この方、本の中で、「自分は、もう、日本嫌いだ」って書いてあるのよ。お父さんの時代からね。
それでも、日本では、ちゃんとお給料貰って、食べさせてもらって、

オ:これ、貴重な資料ですね。

櫻井:しかも、日本の女性と恋愛しているんですよ、ここで。
でね、これは、1970年に書かれた。所謂、韓国や北朝鮮などの反日運動が始まる前に書かれたもので、物凄い正直に書かれていると思うんです。
で、このような徴用工の実態があったにも関わらず、どうして、こんな嘘ばっかりが流布されて行くのか。
その裏には、政治的に先導する人達が居るのは分かるんですが、どうして、それに、韓国の人達が、易々と乗っちゃうんだろうかって言うのが、私には。

***************************

_61cedJg5qKL.jpg

朝鮮人徴用工の手記
単行本 –河合出版990/11
鄭 忠海・著
井下 春子・翻訳
ノンフィクション

目次
1 ソウルから広島へ
2 東洋工業入社の日々
3 西部勤労訓練所の教育訓練
4 大阪での就労
5 再び広島での日々
6 原爆投下と8月15日
7 帰国・引揚船の苦労
8 帰国その後


レビューより抜粋

1944年末に徴用され日本に来た朝鮮人の手記。
日本人が朝鮮人に気を使っている様子がありありと書かれている。
戦争に巻き込んでしまいすまない。遠くからわざわざ来て働いてくれてありがとう」という感じ。

日本では楽な仕事と十分な食事と住まいが与えられ、好意的にしてくれる若い女子もいる
戦時下というのに、平和で和気あいあいと楽しそうだ
誠実に仕事をするわけもなく適当にやりすごし、日本の敗戦と徴用解除の日を待つだけの日々で、稼いだ金を博打に注ぎ込んだりした
食糧難でひもじさを体験する事もあったし、無駄な苦労もあったが、それは日本人も同様であった。蔑視もお互い様

❀❀❀・・・❀❀❀・・・❀❀❀・・・❀❀❀・・・❀❀❀











共通テーマ:日記・雑感
前の1件 | -