So-net無料ブログ作成

【日本の危機】日本国憲法の真実について共に学ぼう❀2 [目から鱗@@;]

こんばんは^^


昨日のつづきです。
今夜は、日本国憲法ができた経緯です。
一緒に事実を学んで、しっかり知識を身に付けた状態で、国民投票に臨みたいですね。
お子様、お友だちにも、この事実を教えてあげてくださいね。

自分で説明するのは難しいけれど、このようなDVDがあると助かりますね❀
この内容を見せてあげるだけでいいのではないでしょうか(^_-)-☆


+゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*++゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*+

「世界は変わった 日本の憲法は?」~憲法改正の国民的議論を~


kaikenDVD14.jpg

第2章:憲法ができた経緯

昭和21年2月4日 東京・GHQ民政局

kaikenDVD15.jpg

kaikenDVD16.jpg

ホイットニー准将:みんな、聞いてくれ!司令官から緊急の指令があった。我々の手で日本国憲法の原案を作れ!とのことだ。
このマッカーサーノートに基づいてね。

ラウレル陸軍中佐:なんだって?俺達が日本の憲法を?憲法のことなんて分からないよ。

集められたのは、GHQ民政局に所属する20歳代~50歳代の24名。メンバーの中には、弁護士や学者も含まれてはいましたが、憲法に関する専門家は一人もいませんでした。
また、民政局には、共産主義者も数多く居て、それらの意見も取り入れられた、とも言われています

ケーディス陸軍大佐:期限はいつまでですか?

ホイットニー准将:それが、1週間なんだ。

ケーディス陸軍大佐:たった1週間で?正気じゃない。我々のような憲法の素人が作れるわけありません。

ハッシー海軍中佐:ホントかよ。信じられない。

この時、22歳のタイピストだったペアテ・シロタは、こう思いました。
私は高校の社会科程度の知識しかない。どうしよう・・・。
受験前の心境だ。メモをする手が震える。でも、チャンスだわ。

シロタ等が、都内の図書館から各国の憲法資料を借り、基礎メンバーは、これを参考書にしました。


第1章の起草に当たったリチャード・プール氏のインタビューが、アメリカ・カリフォルニア州のクレアモント大学に残っています。

「日本の憲法草案を任され、しかも、1週間と聞かされ、みんな驚きました。
我々は将校の集まりだったが、職業軍人は1人もおらず、皆、民間人として、それぞれ違った職業分野の出身だった。
米国憲法を起草した建国の父とは、比べものになりません。」


その後、日本国憲法の制定過程を研究した、メリーランド大学名誉教授のセオドア・マクネリー氏は

「彼等には、資料全てを研究する時間など無かった。
与えられた1週間では歴史的な調査を充分行う事はできなかった。」

このように、
日本の歴史や文化を何も知らないアメリカ人達が、
自国の独立宣言やスターリン憲法、ドイツのワイマール憲法など、世界各国の憲法をつぎはぎして作ったのが、日本国憲法です。

ここには、日本の文化・伝統・歴史・思想・家庭の姿などは、どこにもありません。


ちなみに、明治憲法は、策定の決定から公布まで、13年の歳月をかけています

kaikenDVD17.jpg
kaikenDVD18.jpg

そこには、日本の国柄が明確に表れています。

先人たちは、それだけの時間をかけて、日本の国柄を明確に描き出したのです。


kaikenDVD19.jpg

ところで、日本国憲法の最もおかしなところは前文にあります。
そこには、こんな1文があります。

kaikenDVD20.jpg

前文
日本国民は…平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して われらの安全と生存を保持しようと決意した

つまり、日本の平和と生存を他国に全面的に委ねていることになっているのです。

こんな馬鹿なことはありません。

ちなみに、「公正と信義信頼し」という文章は、日本語としても間違いです。「公正と信義信頼し」というのが、正しい文章です。

kaikenDVD21.jpg

こんなところにも、日本国憲法が、如何に杜撰(ずさん)に作られたのかが分かります。


また、第9条の作成にあたっても、

「第9条は、この紙に書かれている最高司令官の指示に沿って作ってくれ!」

「分かりました。」
「何々?『交戦権の否認』?いったい何だろう?よく分からないけど、とりあえず入れておくか。」
「おいおい『自国の安全保障のためでも戦争は放棄する』だってよ。」
何だって?たとえ国が攻められても戦うなというのか?」

kaikenDVD23.jpg

こうしてできあがった憲法草案は、マッカーサー最高司令官のチェックを受け、昭和21年2月13日、外務大臣官邸で、日本側に手渡されることになりました。

「みなさん、今日集まってもらったのは他でもない。
これが、我々の作った憲法の草案だ。」

吉田茂外務大臣:これを受け入れろと言うのですか?
松本烝治国務大臣:・・・。

kaikenDVD25.jpg

米GHQ「もし、我々の草案が受け入れられないなら、天皇の身柄を保障することはできない。」

実は、その頃、アメリカ以外の連合国側から、天皇を戦犯として起訴すべきだという声が上がっていました。

連合国の中で、主導権を握りたかったアメリカが、天皇を人質にして、自分たちの憲法草案を受け入れるよう迫って来たのです。

「なんということだ。これでは、まるで脅迫ではないか!」

米GHQ「私たちは外で『原子力エネルギーの暖』をとってきます。この草案を、皆さんでよく検討するように」

kaikenDVD26.jpg

外に出て浴びる太陽のことを、ジョークのように、「原子力の暖」と表現したGHQの人々。
その時、上空を飛び去った1機のB-29の爆音が、大臣たちに、原爆投下の悪夢を連想させたと言われています。
日本の代表団は、このGHQの立法草案を、断腸の思いで受け取って帰りました。

GHQ憲法草案は直ちに閣議にかけられ、その内容を見た閣僚たちは愕然とします。

kaikenDVD27.jpg

「これでは、他国から攻め込まれた時、全く太刀打ちできない。」

「その通りだ。このまま黙って、これを受け入れるしかないのか。」

kaikenDVD28.jpg

議会に提出させられた第九条二項には、
「陸海空軍その他の戦力は、これを保持してはならない。」と定められていたのです。

これは、つまり、
他国では許された軍隊を、日本だけが持ってはいけないとする、世界でも類を見ない憲法だったのです。

このような経緯が、今日まで続く、九条解釈の混乱の出発点となったのです。
しかし、敗戦国である日本は、GHQの提案した屈辱的な憲法を受け入れるしかありませんでした

閣議決定させたとき、幣原(しではら)内閣の閣僚は、全員が悔し涙を流したと言います。

幣原喜重郎総理大臣我々は、このような憲法を決めてしまって、はたして、子々孫々に対して、どう責任をとればいいのだろうか。

こうして、日本国憲法が誕生しました。


kaikenDVD29.jpg

ハーグ陸戦法規では、
占領地の法律の尊重を定めている  ことからも、
戦争に敗れ占領された国家が、占領軍に押し付けられて作った憲法を、とても正当な憲法とは言えません。

kaikenDVD30.jpg

GHQとの交渉にあたっていた白洲次郎は、日記に、この時の屈辱的な気持ちを記しています。
「今ニ見テイロ ト云フ気持 抑ヘ切レズ ヒソカニ涙ス」


つづく・・・

+゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*++゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*+

余談ですが、
この、日本の為に悔し涙を流した白州次郎氏を、なんと、自国では食料である◎にして貶めた外国企業が、どんどん業績を膨らませています(ー_ー)!!
あのスマホを買う愚かな日本人・・・(/_;)
どこまでも馬鹿にされてる気がします。
因みに、大震災が起きた時は、やはり、ドコモが強いようですね☆彡
同様に、家の電話もNTTを離れることはありません。
そして、一番安全なガラパゴス携帯を使用中です(p≧∀≦q)
やはり、今では、日本企業しか信用できない私です。
がんばれ!NIPPON!
ニホンじゃなくて、ニッポンなんですって❀

NIPPON
https://www.youtube.com/watch?v=UMlqTEVMZFE
https://www.youtube.com/watch?v=0H4ZVbUmUYI

椎名林檎ちゃん、大好き♡
林檎ちゃん、東京オリンピック、よろしくお願いしますね~❀

❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

この地球上で一番混じり気の無い我らの炎
何よりもただ青く燃え盛るのさ
万歳!万歳!
我らが祖国に風が吹いている
乾杯!乾杯!
我らが祖国に日が射している

❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀









共通テーマ:日記・雑感