So-net無料ブログ作成
検索選択

【日本の危機】なのに、支持者の少ない政党の思うが儘の国会(>.<) [目から鱗@@;]

こんばんは^^


明日は憲法記念日ですね。
ぜひ、憲法改正の署名に協力をしてあげてくださいね。

石平さんのツイッターより。

twitter_sekihei20170502_.jpg


そして、
5月3日は、憲法記念日ですが、もっと、日本人が忘れてはいけない「済南事件(さいなんじけん)」の日なのだそうです。
ねずさんのひとりごとより一部抜粋させていただきます。
詳細は、ぜひ、ねずさんのサイトへ行って読んでくださいね。
裏話も含めて、いろんな意味で、日本人が知っておかねばならない事件のひとつでしょう。

このお話を読んで、石平氏の著書を読んでみたくなりました。
kanminzoku_sekihei.jpg


*****************

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3001.html
今日(5月3日)は済南事件のあった日

今日は、憲法記念日です。
しかしその憲法記念日以上に日本人が忘れてならない事件があります。
それが昭和3(1928)年5月3日に起きた「済南事件(さいなんじけん)」です。

大正9(1920)年「尼港事件(にこうじけん)」は、ロシアのトリャピーチン率いる、ロシア人、朝鮮人、支那人約四千のならず者たちが、共産パルチザンを名乗って、黒竜江(アムール川)の河口にある尼港(現・ニコライエフスク)にいた石田領事以下約七百名余の日本人居留民を虐殺したという事件です。

尼港で700余名の邦人の命が、極めて残虐な方法で奪われたという現実があったにも関わらず、腰が定まらない。まるで、腰抜けのでくのぼうのような平和主義が主流派をなしていたのです。
そんな中で起ったのが、昭和3(1928)年5月3日の「済南事件」でした。

5月3日、蒋介石の国民党軍の兵士が、満州日報の取次販売店を襲撃して掠奪を働きました。
白旗を掲げて停戦を呼びかける日本軍の軍使にさえ、支那兵は銃撃を加えてこれを射殺しました。
戦時国際法も何もあったものではありません。
市内全域はたちまちのうちに修羅場と化し、各所で多数の日本人居留民の男女が、暴兵の手で惨殺されたのです。

この事件で、日本人女性が両腕を帯で後手に縛られたうえ、顔面、胸部、乳房に刺創、助骨折損、陰部には棒をさしこまれ惨殺されていた写真などが現在でも残っています。
この事件で被害にあった男性は、両手を縛られ地上を引きずられたうえ、頭骨破砕、小脳露出、眼球突出して殺害されていた者、顔面破砕され、両眼を摘出して石をつめられて殺害された者、頭および顔の皮をはがれたうえ、眼球摘出、内臓露出、陰茎切除して殺害されるなど、およそ人間のすることとは到底思えないような残酷さで12名が、凄惨な殺され方をし、その他約四百余名が暴行、強姦、掠奪によって重軽傷を負う被害を受けました。

ちなみに上にある女性の写真は、間違いなく済南事件のときの新聞報道写真であり、被害者の女性も日本人、横に立っている男性も間違いなく日本人医師なのですが、いまの中共政府はこの写真を「日本陸軍七三一部隊による人体実験の犠牲者の写真」として流用し、さらに同じ写真を南京事件の支那人被害者として流用し、展示しています。
デタラメもたいがいにしろと言いたくなります。

こうした尼港事件から斉南事件までの流れについて、「もし当時の日本が早期に徹底した武力を用いて支那の反日勢力に対して徹底的な弾圧と報復を行っていたら、事態はここまで深刻にならずに済んでいたのではないか」という議論があります。
なぜそういえるのかというと、同じ時期、英米仏蘭独伊などは、支那人に襲われていないからです。
なぜなら彼らは、たったひとりでも自国民にケガ人が出ようものなら、徹底的な反撃と打撃を支那人たちに与える。だからさしもの支那人たちも怖くて手が出せなかったというわけです。

もちろん、それもあろうかと思います。
ただ日本だけが標的にされたのには、もうひとつの裏の事情があります。

*****************


話は変わりますが、
上記のような内容の惨い戦争は、北朝鮮とアメリカでは行われず、一瞬で終わる戦争になると、青山さんはおっしゃっていましたが、それでも、尖閣諸島や竹島で、いつか侵略行為が始まるかもしれないそうです。
沖縄も危険ですよね。いえ、全国どこでも、危険だと思います。
侵略行為は恐ろしいです。ウィグル地区やチベットの歴史を見れば分かります。

そういう危険とは別に、今の状況を、日本国民全員が知るべきだと思います。子どもだって、正確な情報を知っておくべきだと思います。知らない事の方が、よっぽど危険だと思います。
備えあれば憂いなしです。
それが、危機管理というものではないでしょうか?

それなのに、それなのに・・・滋賀県では、こんなことが(>.<)
全滋賀教職員組合って、どんな先生達の集まりなんでしょう???


*****************
http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20170427000172

 朝鮮半島情勢の緊迫化を受けて、滋賀県教育委員会が弾道ミサイル飛来時の対応について県立学校と各市町教委に通知を出したことに対し、全滋賀教職員組合などは27日、戦争の危機をあおり、子どもに不安を与えたなどとして三日月大造知事らに抗議文を提出した。
 同組合などによると、県教委は「屋内避難の呼びかけがあった場合は幼児・児童・生徒の皆さんに周知をお願いします」などとする通知を25日までに出した。このため多くの学校が保護者向けの文書を作り、児童や生徒に配布した。
 抗議文では、児童生徒に唐突にミサイル飛来の可能性を伝えればパニックが起こると批判。実際に、小学生が「戦争が起こる」と泣きだした例があったとした。その上で、「政府・内閣官房はこの機を利用し国民を煽(あお)っている」とし、文書の回収や保護者への謝罪を求めた。
 県教委は「子どもの安全確保を最優先に、迅速に対応するためだ」(総務課)として、文書回収や謝罪の考えはないとしている。
【 2017年04月27日 23時20分 】
***********************


そして、毎日、状況を教えてくださる佐藤議員さんのツイッターから。

twitter_sato20170502_.jpg

北朝鮮が、おとなしく引き下がるような気がしません(>.<)
それにしても、今回のことで、小国が大国と対等に、同じテーブルにつく方法として、核ミサイルは有効だってことが、世界中に知られちゃいましたね。その代り、一触即発の危機的状況には追いやられますが^^;

それにしても、
あの手、この手で、日本を護る為の法案成立の邪魔をする「支持者の少ない政党議員」。
それで、民主主義国家と言えるんでしょうかね?

何の為に選挙をしたんでしょう?
勝った与党が、負けた野党の言いなりになってしまう現状。
この国会の仕組みを変えないと、選挙で勝ってるのに法案1つ通せないんじゃねえ(/_;)

しかも、共謀罪が成立するのが、そんなに怖いんでしょうか?
そりゃあ、怖いんでしょうね(笑)
SNSで話し合ったら捕まる」とか、反日議員の発言には、笑えますね。
きっと、必死で反対している議員さんたちは、SNSで、そういうキナ臭い相談ばかりしているんでしょうね。

国家を貶める相談なんてするわけがない国民に、いくら「共謀罪は危険だ」と言っても、
賢い日本国民は、もう誰も、そんな言葉に騙されることはないと思いますよ。

それよりも、
国会の中に、日本を貶めようとしているたくさんの人間が居て、日本国の為に働いてもいないのに、国民の税金から何千万円もお給料を貰っていることに腹が立ちます。
次の選挙では、そういう反日議員を絶対に選ばないでくださいね、賢い日本国民の皆さんは。
税金の無駄遣いです!!!!!
少ない収入から真面目に税金を納めている国民の気持ちを踏みにじるような人は、とっとと辞めてほしいです。
もう、顔も名前も覚えましたか?
私は、そんな人達に貴重な1票を入れたことは、一度もありません!
それが、自慢です(笑)


話は変わりますが^^;
今クールのドラマ、いくつか録画予約して見ています。相変わらず、ドラマ大好きです(笑)
やっぱり、演技力のある俳優さんがたくさん出ているドラマは、見ていて面白いですね。
今回も、あのTV局では、姑息な日本貶め仕掛けを背景でやっちゃってるんでしょうか?
いつも、後から、ネット上にアップされた画像を見て、がっかりするのですが、リアルタイムには、全く気付かず、おかげで楽しんで最終回まで見ることができています^^;

音楽でも、演技でも、その道で胡坐をかかずに努力を続けて来た人は、後半戦に強いですね。
若さでは売れなくなった時に強いと思います。
そういう人達が出演する演劇、ドラマ、コンサートは、本当に魅了されます。
ストレス発散、息抜きにはもってこいです。

それに比べて、報道番組やワイドショーは、「誰が真実を語っているんだろう?」と疑いながら見るので、なんと、つまらないこと。逆にストレスになります。
時間の無駄だと思っても、やはり、日に一度は見ないと、何か見落としがあってはいけないと思ってしまうのですが、よくよく考えれば、翌日の新聞で十分かなあとも思ったり^^;
ネットでニュースを見ればいいかなと思ったり。
それでも、ついつい、食事をする時には、TVをつけてしまいます。

良家では、食事の時にはTVを消すものだそうですね。
我が家も、いえ、私の子供の頃には、そうでした^^;良家かどうか分かりませんが、厳しい家庭だったので。
でも、結婚してからは、つまり、私が親になってからは、TVをつけたまま^^;^^;^^;
反動でしょうか?(笑) 我が子には申し訳ないことをしたかもしれません(>.<)
おかげで、会話も弾んで(笑)、楽しい食卓にはなるのですが・・・^^;

それにしても、反日色の濃い局のニュースしかない時間帯に、仕方なく見ていると、精神衛生上悪いです(笑)
それでも、怖いもの見たさで、ついつい見てしまいます^^;
このことをどんな風に伝えるんだろう?って(p≧∀≦q)


いつからでしょう?こんなニュースが頻繁に流れるようになったのは。
最近のTVニュースでは、「高齢者の」と必ずと言っていいほど形容詞が付きますが、数年前から、高齢者だけではない暴走車のせいで、頻繁に死傷者が出ています。なんだか怪しいと思った暴走事件が起こってから、もう、何年も経っていますが、増える一方ではないですか?
「またか」と、怒りがこみ上げてきます。

そして、そういう暴走車のニュースを見るたびに思い出すのが、反日外国人・辛淑玉氏の言葉です。
そして、その恐ろしい言葉を思い出しては、もしかしたらと、いつもニュースを疑いの目で見ています。
ああ、もしかしたら、沖縄だけじゃなくて、そうやって集められた高齢者がお金を貰って、若い子を車で・・・(>.<)(ここは妄想です^^;)

一般人には信じられないことですよ。でも、信じられないことをするのが、工作員ですもんね(>.<)
現実は、ドラマより奇なり。
絶対に有り得ないって、誰が言えますか?(>.<)


************************
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53220038.html

辛淑玉氏の指南動画が流出「爺さん婆さんたちは向こう行ったら嫌がらせをしてみんな捕まってください」

辛淑玉の指南動画流出「若者は死ね年寄りは捕まれ」福島瑞穂も登壇
2017/02/03

辛淑玉、若者は死んで、年寄りは逮捕、私は稼ぐ

のりこえねっと代表の辛淑玉(シンスゴ)氏が講演で
「私は稼ぎます、若い者には死んでもらう、爺さん婆さん達は嫌がらせをして捕まってください」
「山城(博治)には病気で死ぬな、米兵に殺されるな、日本の警察に殺されるな、私が殺してやるから」
などと高江での行動を指南する動画が拡散され話題になっている。
動画
https://twitter.com/surumegesogeso/status/827085153751048192?ref_src=twsrc%5Etfw
「わたしたちは私もねぇ、これからはっきりいいます、一生懸命これから稼ぎます。なぜなら私もう体力ない。後は若い子に死んでもらう。若い子にはお国のために頑張ってもらうって稲田も言ってるんですから、稲田が言うなら私も言おうじゃないかって。それからじいさんばあさんたちは向こう行ったらただ座って止まって何しろ嫌がらせをしてみんな捕まってください。でね、70以上がみんな捕まったら刑務所もう入れませんから、若い子が次頑張ってくれますので。
韓国は偉大な兄の国。日本は小さい弟の国。弟国は兄国の言うことを聞きなさい。
死ぬほどの苦しみを兄国の国民に与えましたね。反省しなさい罰を受けなさい。」

***************************








コメント(0)