So-net無料ブログ作成
検索選択

【日本の危機】「三戒の教え(日本国憲法)」を信じたツチガエル(日本人)たちの運命は如何に? [目から鱗@@;]

こんばんは^^

憲法記念日には、櫻井よしこさんのお話を聞きたくて、会場へ足を運びました。
そこで、安倍総理のビデオメッセージを聞くことができました。
突然のことでビックリでした。

憲法改正に関しては、相変わらず、反日思想の濃い野党議員達、及び、反日メディアが、反対意見を速攻で流しています。もちろん、反日国も、速かったですね、反応が(笑)

私などは、社会科嫌いな子ども時代から、政治に無関心の学生時代を送っていましたので、
相変わらず、小難しい屁理屈を言う反日の方々の意見に反論する術もありません。

でも、保守の先生方が教えてくださった簡単な法則だけは、しっかり覚えていますので、こういう反応を見ると、愉快になって来ます(笑)

反日人間たちが、必死で反対する時、必死で邪魔する時は、日本は、日本を護る為の正しい道を進もうとしている。

反日人間たちが、喜んで賛同している時、よいしょしている時は、日本は間違った道を進もうとしている。

そして、今日、憲法記念日も、この法則に当て嵌まる流れがありました。
よかったと思いました^^

ね、分かりやすいでしょ、この法則(笑)

そして、憲法改正に反対する人たちの話が、コピーしたように同じことを繰り返すだけの場合と、必要以上に話を複雑にして上手く誤魔化しているだけの場合、この二種類しか無いような気がしました。

1つは、コピーしたように同じ短文を繰り返す場合は、安保法制反対の時のように、論破することのできない知識人を相手にしている時。議論では太刀打ちできないからでしょう。
もう1つは、本来は関係ない話を引っ張り出して来て、話をどんどん複雑にするイメージ戦略的な場合は、私のような知識不足の一般人を相手にしている時。
そんな気がしました。

そして、護憲派の人の話を聞いて気づいたのは、
憲法改正派と護憲派が対立している部分についてではなく、誰もが「その通りだ」と思うまともな部分を抜き出し、そこを強調することで、いかにも自分は正しい意見を言っていると、相手に思わせる作戦を使っていることです。
抜き出した部分は議論するまでもない内容なのに、そのカラクリを見抜けない無知な国民が騙されているようです。

今日、憲法フォーラムに参加して、とても具体的に、「この部分が変だ」「この部分があるから、こうなんです」と、私のような知識不足の人間でも理解できるお話をしていただき、随分、納得することができました。

安倍首相も、憲法を全て改正すると言っているわけではありませんよね。
私は、アメリカのGHQが1週間でつくらせた、諸外国のいろいろな憲法や宣言の切り貼りをしている憲法なんて、全部、作り直せばいいと思いますが^^;
だって、憲法の素人たちが、命令によって、仕方なく、あっちこっちの文書から抜き出した英語でつくった憲法なんですよ。それを、和訳して、今の憲法があるんですよー。
だから、日本語としても、読んでいて変でしょ?助詞の使い方とか。
変と感じない日本人は、国語の勉強が足りないんじゃないかな?(笑)

それに、日本の安全と生存を、諸外国、つまり中国や北朝鮮や韓国の国民の公正さと信義を信頼して委ねるってことを決意した・・・って、超危険じゃないですか(>.<)
日本を乗っ取ると宣言している中国や、日本を火の海にすると宣言している北朝鮮、約束しても守らない韓国、この3国だけを考えても、日本の為に公正に考えてくれると思います?
信義、つまり、真心をもって約束を守り日本に対する務めを果たしてくれると思います?
ここを読んだだけでも、改正しないとマズイことになるって、分かりますよね(p≧∀≦q)

反日人間達、反日人間にまんまと騙された人達、GHQの洗脳教育からまだ覚めることのできていない中高年の人達などは、ただ、「戦争する過去の日本に戻るのか」とか「お宅の息子さんに赤紙が来てもいいの?」とか「この憲法があるから今まで戦争に巻き込まれなかったのよ」とか、まあ、言うことが極端且つ変なんですよね(^_^;)

憲法があるから、日本が護られて来たのではありませんよ!

憲法に記載されていない自衛隊が、憲法と現実の狭間で苦しみながらも、日本の為に日々命を懸けて護ってくれているからこそ、そして、米軍が睨みを効かせてくれていたからこそ、今まで、戦争に巻き込まれなかったんですよ。

そんなことは子どもでも説明すれば、すぐに理解できます。

平和憲法?
じゃあ、なぜ?
拉致被害者は、今も尚、帰国できずに居ます。
何十年も前のことではなく、ごく最近でも拉致された日本人が居るかもしれないそうです。
日本国内では、スパイ、工作員が、日本乗っ取り作戦を継続したまま、のうのうと暮らしています。
それは、なぜか。

今の日本国憲法が、ちっとも日本人を守る憲法ではないからでしょ?
諸外国が必要性からすぐに作った共謀罪1つ、日本では作れない、つまり、国内に敵が、工作員がたくさん居て邪魔をしているからでしょ?
なぜ、そんな簡単なことが分からないのか、それが不思議でなりません。
おそらく、地上波テレビニュース番組等を見て、反日新聞だけを読んでいる方々なのだと思います。
ネットで、簡単に事実を知ることができる昨今でも、知ろうとしない方々、もしくは知る術が無い方々なのだろうと思います。

安保法制反対デモでは、敵国が上陸して攻めて来たら、握手して仲良く一緒に酒を飲み語り合う・・・なんて馬鹿な事を言ってた若者が居ましたが、歴史を勉強しなさいと言いたいです。
チベットやウィグルが中国にどんな惨いことをされたか、ちょっとでも知っている人なら、そんなお花畑の夢見る夢子さんみたいなことは、恥ずかしくて言うことできないんじゃないかな?
どなたかがおっしゃっていました。
握手しようとした手をバッサリ切られるでしょうって(/_;)
だって、そういうことが、現実に行われているんですもんね。
狙った国は逃さない精神・・・恐ろしいです。


国が弱体化すれば、襲撃される危険性が増します。
国が弱体化すれば、国民の命は護られることはありません。
なぜなら、反日国軍が襲ってくるからです。
今は、米軍に守られて、なんとか生きることができている日本人だと思います。
だって、中国が虎視眈々と狙っているんですもんね。米軍が居るから、あと一歩が進めない中国でしょ。

国防動員法まで施行している国ですよ。
しかも、一人っ子政策の時に生じた問題、闇っ子?とか言われてた戸籍の無かった人たちに、今、戸籍を与え、パスポートを与えようとしているそうです。
それって、国防動員法を完璧なものにするために、国外に送り出すつもりではないですか?
ぞぞぞ・・・・(>.<)


強い国が存在してこそ、国民の命が護られるんです。
この法則が理解できない人が存在するなんて、それこそ理解に苦しみます。

まるで、百田尚樹氏の著書「カエルの楽園」そのもの。
面白いことに、反日野党議員や反日メディアに出演しているコメンテーター、憲法改正反対者が言ってることって、この「カエルの楽園」に出て来るナバージュに住むツチガエルたちの台詞と、そっくりの台詞が多いんですよ(笑)

だから、そういう反対意見を耳にすると、目にすると、
思わず、あ、この人は、デイブレイクみたい。この人は、まるで、お花畑脳のローラね。
と、当て嵌めることができます(笑)

内容をちょこっとだけ^^;
ナパージュに暮らす多くのツチガエルたちは、「カエルを信じろ」「カエルと争うな」「争うための力を持つな」
という『三戒の教え』を有難がって守って暮らしていて、三戒のおかげでナパージュが平和だと信じて疑わないカエルたちでした。
でも、友好的に見せかけて、じわじわと、ウシガエルたちが押し寄せて来ます。
まずは、1匹だけ偵察にやって来ました。
「きっと間違って来ちゃっただけに違いないわ」みたいなことを、ナパージュのツチガエルは言います。
でも、危険を察知して、ナパージュのカエルたちに知らせたり、守るために最後まで戦っていたカエルも居ました。
でも、多くのツチガエルたちは、三戒の教えを信じて疑わなかったので、結局、国を護ろうと戦っていたカエルの忠告を信じることはできず、村八分にして、結局、見殺しにしました。
そして、国を護るために戦うカエルが居なくなったナパージュの国は、結局、ウシガエルに攻められ、ツチガエルたちは殺され、国を滅ぼされてしまいます。
その流れを、同じように滅ぼされた国から流離って来たアマガエルのソクラテスが、違和感を抱きながら、ずっと見ているんです。
つまりは、諸外国から見たら、「ナパージュのツチガエルたちって、変なの」って、ハッキリ分かるんですよね。
でも、ナパージュのツチガエルたちは、井の中の蛙で、変だということに、ちっとも気づかないんです。

面白くて、一気に読むことができました(^_-)-☆
でも、続編の「カエルの楽園が地獄と化す日」は、まだ、途中で止まったままなんです^^;なんだか怖くて。

ナパージュと日本がそっくりで、三戒の教えが、正に、日本国憲法でしょう。
だから、護憲派の人たちが言ってる台詞は、まるで、百田さんが脚本を書いてあげたんじゃないかと思うくらい、そっくりなんですよね。びっくりします。
そして、中国の尖閣諸島や沖縄を乗っ取る作戦が、正に、ウシガエルの作戦と同じなんです。
そして、今のところ、その通りに、現実は進んでいます(>.<)
ウシガエルの残虐性まで、そっくりです(>.<)
それは、尼行事件、済南事件、通州事件で、日本人がどれだけ無残な殺され方をしたか知れば、納得です。

ぜひ、「カエルの楽園」を読んで、北朝鮮だけが脅威ではないことを、もう一度思い出し、
今の憲法が、どんな内容で、どこが変なのか、自分の目で確かめてみてください。

今も、尖閣諸島では、中国公船が毎日、領海侵犯して、漁師さんたちは、もう何年も働くことができない状態が続いてるんですよね。
同じ日本人が苦しんでいる、怯えていることを知って、いろいろなことを真剣に考えなければならない時が来ていると思います。







コメント(0)