So-net無料ブログ作成

【日本の危機】日本国憲法の真実について共に学ぼう❀3 [目から鱗@@;]

こんばんは^^

ちょっと無理をして、腰痛が悪化してしまいました(/_;)
喉元過ぎれば熱さを忘れる
ちょっと油断していたのかもしれません(>.<)

今日は母の日。
私も、母親のところへプレゼントを持って行きます。

自分が、今、ここに存在しているのは、母親のおかげですよね。
十月十日、大切に守ってくれたからこそ、この世に出て来ることができたんですよね。
本当は、毎日感謝して過ごすべきですが、なかなか儘ならないでしょう^^;
アドラー心理学的に言えば、「感謝して過ごすと決心さえすれば、今、この瞬間から可能なこと」なんだそうですよ^^;^^;^^;
言うは易し行うは難し(p≧∀≦q)

せめて・・・
母の日と自分の誕生日の1年に2回くらいは、「お母さん、ありがとう」と感謝の気持ちを伝えたいものですね。

私は、自分の誕生日には、アドラー心理学で言えば、「決心していない」からか、感謝の言葉を伝えることができないままでいます^^;
母の日と、母の誕生日に、感謝の気持ちを込めてプレゼントしています。
いつか、「生んでくれて、ありがとう」って伝えたいです。

さてさて
今夜は、第3章です。
「世界の国々は憲法を何回も改正しているのに、日本だけが一回も改正していない」というお話です。


+゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*++゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*+

「世界は変わった 日本の憲法は?」 ~憲法改正の国民的議論を~


kaikenDVD31.jpg

第3章:憲法を改正していないのは日本だけ

憲法は、全ての法律の基本となるものです。
当然、その国の国民がつくるものです。
日本では、その大前提が既におかしいということを、これまで申し上げて来ました。
ところが、その、おかしな憲法を変えなかったのも、また、日本国民なのです。

kaikenDVD32.jpg

kaikenDVD33.jpg

日本は、先進7か国のうち、戦後、一度も憲法を改正していない唯一の国です。 日本と同じ敗戦国のドイツは59回、イタリアは20回改正しています。
また、戦勝国アメリカも、戦後は6回、フランスは24回、改正しています。
日本国憲法と同じ頃につくられたインドの憲法は、なんと99回も改正されているのです。

このように、憲法は、時代に合せて改正するのが、世界の常識です。
しかし、日本は、戦後70年間、一度たりとも改正していません。
そして、この事実に、最も驚いたのが、日本国憲法をつくったアメリカ人達だったのです。

日本の憲法学者・西 修氏が、1984年から85年に、日本国憲法を作成した米軍関係者を取材した時のことです。


kaikenDVD34.jpg
kaikenDVD35.jpg

西氏は、GHQで憲法草案を取りまとめたチャールズ・ケーディス元陸軍大佐を訪ねました。

kaikenDVD36.jpg

その時の発言に、西氏は驚いたと言います。
「日本国憲法が一度も改正されていないことは、去年初めて知りました。」
1946年に制定されてから、おおよそ40年も経った今でも、あの憲法を、日本が使っていることを知らなかった。
なぜ、いまだに使っているのか?という印象だったと言うのです。

kaikenDVD37.jpg
kaikenDVD38.jpg

「国会」の章を担当したハウゲ元海軍中尉は、 「私は、日本国憲法は暫定的な性格のものと思ってました。」

kaikenDVD39.jpg

さらに
「内閣」の章を担当したエスマン元陸軍中尉も、
「私は、不幸なことだと思いました。
なぜならば、外国人によって起草された憲法は正当性をもたないと感じたからです。」

kaikenDVD40.jpg

この、西氏の取材が行われたのは、今から30年も前のこと。
ところが、30年経った今も、私達は、アメリカ人達がとっくの昔に改正していると思っていた憲法を、一文字も変えることができていません。

私たちは、いつまで、アメリカ人がその場凌ぎでつくったような憲法を、後生大事に抱えていなければならないのでしょうか。


つづく・・・

+゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*++゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*+








共通テーマ:日記・雑感