So-net無料ブログ作成

【日本の危機】皇室の真実はどれ?情報は多いけど核心は・・・? [目から鱗@@;]

こんばんは^^

眞子内親王殿下のNHKリークから起こった報道という騒動は、いったいどうなるのでしょうね?
事実を語ることも許されない秋篠宮家の皆様がお気の毒です。
毎日毎日、物凄い数のご公務をしていらっしゃるというのに。
それなのに、警備は手薄で、二度も事故にあわれるという危険な立場に置かれてしまっているし。
いずれ天皇になられるお方がいらっしゃるというのに。

そして、同じく、事実を語ることは許されない天皇陛下のお言葉がNHKにリークされ、あれよあれよという間に、摂政を置くのではなく、譲位が決まり、今回の件で、いつの間にか、消えたはずの女性天皇、女系天皇論と中身は同じ、目論見は同じという女性宮家?の話が、当たり前のことのようにテレビや新聞で取り上げられ・・・。

ごく自然に、日本を潰したい方々が語る女性宮家創設という言葉がどんどん広められて行っていますが。
このまま、皇室を潰そうとしている人達の思惑通り進んで行くのか、安倍政権が踏ん張って止めてくれるのか・・・。

だいたい、、民進党が拒否しているから、テロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案の参議院の審議入りができないとか(>.<)
日本人の少数の支持しか無い政党が、しかも、その政党は、多重国籍の代表で、極左暴力集団や在日朝鮮人団体と癒着してるのに、国会でやりたい放題できちゃう日本って、どうなの?

この法案が通らないと、TOC条約に加入できないとか?(>.<)

TOC (国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約Convention against Transnational Organized Crime)に入っていないってことは、危険極まりない国家ってことなんですね(/_;)
このままでは、オリンピックを開催しても、誰も参加してくれない・・・なんてことになっちゃうよ。冗談抜きで。

国連加盟国で、このTOC条約に加入していないのは、11国だけ
しかも加入していない国は、日本の他に、イラン、ブータン、パラオ、ソロモン諸島、ツバル、フィジー、パプア・ニューギニア、ソマリア、コンゴ共和国、南スーダンだけ。
北朝鮮ですら加入済みだそうです^^;

日本の組織犯罪の捜査に必要な証拠が外国にある場合、迅速な共助を可能にするTOC加入。
もしこの条約に加入しないままで、相手国と二国間条約もない場合は、いちいち外交ルートを通す必要があり、協力を得られる保障も無いそうです。
そして、日本で組織犯罪を犯した犯罪人が外国に逃亡した場合、この条約に加入していれば、相手国との二国間条約がなくとも引き渡しの請求を行うことができるのだそうです。

こりゃあ、「共謀罪が成立したら亡命する」と言ってた民進党議員さんも、身柄の引き渡し請求されちゃうから、必死で反対するわけですね(笑)

いつもいつも、民進党と共産党とそれに乗っかってるちっちゃな野党は、日本を貶める方向にしか働かないってことですよ。

共産党なんて、「現在においても破壊活動防止法(破防法)に 基づく調査対象団体である」ですからね。
サリン事件を起こしたカルトと同じ対象なんですよ~^^;
皇室廃止論、自衛隊廃止論を掲げてますよ
このチラシが簡単に説明してくれています。
kyo.jpg
◆日米同盟をやめて、自衛隊も廃止しよう
◆天皇と皇室をなくそう
◆革命を起こそう
◆中国共産党を高く評価
そういう内容が、日本共産党の綱領に書いてあるそうです。
くわばらくわばら(>.<)

私達日本人は、なんとしても、国の核となる天皇陛下、皇室を守っていかなければなりませんよね。
その為にも、潰そうとしている人間、組織はどれか、しっかり真実を把握しておく必要があると思います。

地上波では、情報が極端に左に傾けられているようなので、極力、報道番組、ワイドショーは見ないようにしていますが(今日あった事は知りたいので解説部分を除外して見ますけど^^;)、
ネット上での情報が過多で、しかも、両極端^^;
いったい、どっちが真実なのか、判断できないまま過ごしているので、余計悶々とするのかもしれません。
いっそ、天皇陛下や秋篠宮親王殿下がサトラレだったらいいのに・・・なんてことも思ったりして(低俗な思いですみません^^;)

でも、日本国民は、皇室の場合は、真実を知ろうとするのではなく、ただ、ひたすら、数千年続いてきた天皇の血統が切れないように、お祈りしていればいいのかな・・・とも思ったり、
いやいや、真実を歪めようとしている組織、人間が居るのだから、日本国民も、もっと闘うべきなんだよ・・・と思ったり、
これまた、平凡な庶民の自分は、揺れに揺れています(>.<)

ただ、この虎ノ門ニュースで取り上げている毎日新聞の記事の場合は、どう考えても、日本人が天皇陛下を尊敬できなくさせるための記事なんじゃないかと感じました。共産党や民進党の思う壺ですよね?(>.<)
日本国と日本国民の為に、昭和天皇はいつも祈ってくださっていましたし、病で床に臥せている時までも、祈り続けてくださったと聞きました。同じように今上天皇もまた、毎日祈ってくださっていると信じています。

ま、とりあえずは、日本を貶めようとしていることが明白な新聞社とテレビ局と政党は、無視するに限りますね。

ではでは、皇室の真実にちょっとだけ近づけるかな?^^;
昨日の虎ノ門ニュース、竹田さんの解説を、どうぞ^^

+゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*++゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*+
https://www.youtube.com/watch?v=8b5YfMqNSQI

【DHC】5/25(木) 有本香・竹田恒泰・居島一平【虎ノ門ニュース】

◆天皇陛下の毎日新聞報道を否定 宮内庁次長

共同通信によりますと、天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議のヒアリングで、保守系の一部専門家から、「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が不満を漏らした。と毎日新聞が報道したことについて、宮内庁の西村泰彦次長は、22日の記者会見で、陛下が発言をされた事実は無いと否定しました。
毎日新聞は、21日付けの朝刊で、「陛下、公務否定に衝撃 一代限りに不満」との見出しで報道。保守系の専門家の指摘に、陛下が「批判をされたことがショックだった」と話したことなどを紹介しました。
毎日新聞社は、社長室広報担当名で、十分な取材に基づいて報道しております。とのコメントを出しております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
竹田:これ、最初の毎日新聞の記事ですと、今読んでいただいたとおり、「一代限りというのに不満だ」と、要するに、「制度化して欲しかったんだ」ということですよね。「祈ってればいい」というような主旨の発言が、有識者会議であった、これに対して不満だ、ショックだったと、こういう風な記事を、毎日新聞が掲載したわけですね。それは、「宮内庁関係者によると」という記事だったわけですよ。
宮内庁関係者って誰だ?いったい。
職務上知り得たことを外に向けて話すと、国家公務員法違反になるんですよ。
職場のトップ、宮内庁長官の許可を得ればいいんですよ。
ところが、職務上知り得たことを、外に話すと、これ、一般企業だって、御法度ですよ。
例えば、いくら社長秘書だって、社長のプライベートを言ってしまったら、民間だって、機密漏洩ってことで、犯罪を構成することがあるわけで、ましてや、国家公務員が、職務上知り得たことを外に暴露する、しかも、陛下のおっしゃったことを言うと、これは、国家公務員法違反ですよ。
違法な事を・・・
じゃあ、もし、仮に本当だとして、宮内庁の職員が、仮に、それを言ったとしましょうか。
そして、違法行為なんですよ。違法行為を、そうやって新聞記事に取り上げるというのは、いったい、この毎日新聞は、どんな倫理観をしてるんだという話ですよね。
もしくは、本来違法だということを知りながら、飲ませ、食わせして、引き出したのかもしれない。
これ、犯罪に加担してるかもしれない。
そもそも、陛下の方がおっしゃったかどうかも分からないです。
なぜならば、これ、確認のしようがないからですね。
「だって、然るべきところで調べました」と言ったって、確認のしようがない。こんなものを書く新聞社が、陛下がこういう風におっしゃった。と宮内庁関係者が言ったなんてことは、簡単に記事に書くようになったら、例えば、共謀罪。たとえば、陛下がこれは恐ろしい法律だとおっしゃってた。なんてことを宮内庁関係者が語った。なんて、みんなが記事を書いたら、どうなりますか?もう、滅茶苦茶なことになるんです。
これこそ、天皇の政治利用であって、憲法が絶対に許すことではありません。
天皇の政治利用は、憲法違反ですから。憲法原理に反します。
よくあるんですよ。真しやかに、「陛下のご意向」とか、あるんですね。
かつて、女性天皇、女系天皇の議論があったじゃないですか。
これ、ちょっと、衝撃的な話なんですけど、今だから言っちゃいますけど、麻生政権下で、私なんかも関係しながら、自民党の保守系のグループと一緒になって、旧皇族を活用する皇室典範改正を、水面下で動いてたことがあったんですね。
そしたら、当時の事務方の官房副長官が、「天皇陛下のご意向は、女系天皇だ」と言うことを、いろんな政治家に言って回ったんですよ。事務方の官房副長官ですよ。
しかも、その話が具体的だったんです。
つまり、麻生総理が、内奏の折に、つまり、定期的に皇居に行って、陛下にお話をなさる。麻生総理の内奏の折に、陛下は、「男系継嗣は、もうよい。女系天皇、これを実現すべきではないか。」こういうことを、麻生総理におっしゃった。っていう情報なわけですよ。
しかも、言ってるのが、事務方の官房副長官。これは、官僚機構のトップです。
事務方の官房副長官というのは、事務次官を束ねる、正に、官僚機構のトップですよ。この人が、「・・・らしい」とかじゃなくて、いつ、誰が、何処で、どういう風に聞いたかもセットですから、結構、信憑性の高い話と思うじゃないですか。
それを聞いてしまったら、男系、男系って、活動してる議員達は、「これは、陛下の意向に反する」ってことになっちゃって、みんな動けなくなってしまったわけですね。
それを、僕が聞いた時に、「絶対、嘘だな」と思ったんですよ。
それで、普通は、これ、確かめようがないんです。ところが、私、これを確かめたんです。
御髭の殿下、三笠宮寬仁親王殿下もお隠れになってしまいましたけども、宮様のところに行って、
「こういう話があるんですけど、本当ですか?」と訊いたら、
「絶対に無い」とおっしゃったんですよ。
「なんだったら、俺が確かめる」とおっしゃって、御髭の殿下のお父様、三笠宮(崇仁親王)大殿下にご相談になった。大殿下も昨年お隠れになりましたけれども、大殿下が、皇居に参内あそばした折にですね、陛下に直接お聞きになったんですよ。
「こういう話が出てますけども、本当ですか」と訊いたら、天皇陛下に直接聞いたら、天皇陛下のお応えは、これも、誠に立派ですね。イエスとかノーとか、お応えはおっしゃらないわけですよ。そのお応えは、
「麻生総理の内奏の折に、皇位継承の話が出たことは無い」
これがお応えだったんですよ。
つまり、事務方の官房副長官が言った話は、全部嘘だったわけですよ。
これ、卑怯なんですよね。確かめようがないから。

有本:凄い話じゃない?なんか。・・・凄いね。

竹田:だから、陛下のご意向みたいなのが、まことしやかに聞こえて来ても、こんなものは、根も葉もない話であって、嘘ついたって、誰も、裏の取りようが無いでしょ。
事務方の官房副長官が、そうやって嘘を言うんだから、ましてや、この、一般の企業の毎日新聞如きが、何を言ってんだって話ですよ。
じゃあ、これから、いろんな憲法だ、共謀罪だ、とかある度に、「陛下は実は反対だ」とか書くんですか?
そんなことやって・・それこそ、君側の勘と言いますか、近くに居る者が「ご意向はこうですよ」って言って、その人の言うとおりに政治が動いて行く、そうやって、例えば、中国が、かつての中華帝国なんか、ボロボロになって、宦官とかが政治を摂りはじめて、滅茶苦茶になってったわけですよ。
ですから、そういう、正に、毎日新聞の記事なんて、事実かどうかは兎も角、仮に事実であっても、こうやって、違法に聞きだして、こうやって書くわけじゃないですか。裏の取りようがないわけで、もう、正に卑怯で、報道の倫理なんて欠片も無いですよ、この会社は。とんでもない話です。

有本:例えばね、違法行為すれすれのことをやって、情報を取るってことは、正直あるわけですね。
あるんですけれども、これはね、事が違うと思う。私は。
例えば、事件なんかを追ってた時に、それをギリギリのところで、どうしても情報を取るってことがあったり、或いは、情報提供者の中に、本来だったら、あまり接触好ましからぬ人物と接触するってことだってありますよ、やっぱり、報道関係は。
だけど、これは、全く違う話ですからね。
本当に、それで、陛下が、ご自身で反論がなさることは絶対に無いわけですから、なんでも言えちゃうんですよ。
確かに、竹田さんがおっしゃるとおり。
それが、やっぱり、世の中に、物凄い、多大な影響を与えてしまうんじゃないですか。
これは、確かに、非常に酷いし、そして、なんかね、毎日新聞、このところ多くないですか?
秋篠宮殿下が皇太子という言い方をNOとおっしゃったと。まあ、皇太子ではないですよね。

竹田:本来は、皇太弟という。

有本:だから、それをNOとおっしゃった、その詳しい状況も分からなくて、それだけがボーンと記事になってくるわけですよね。
なんか違和感あるなあって。
これも、確か毎日新聞だったはずなんですけど。

竹田:そうです。これも、結局は、皇太子がいいか悪いかという条文そのものの書き方に影響するわけです。
それが、秋篠宮殿下のお言葉で変わったということになると、皇族の政治発言が政治に影響を与えたということになってしまうわけですよ。
そうやっておきながら、毎日新聞なんかは、「皇室が政治的なことをするのは良くない」みたいなことを、当然、これからも言い続けるわけですから、自分で火を点けて、自分で騒いでるって話になるわけですよね。
天皇陛下だって、テレビをご覧になりながら、日本の政治にいいこと悪いこと、賛成なさること、ちょっと疑問に思うこと、鬱憤だって当然あるでしょうよ。
でも、それは、ぼそっと皇后陛下に、「これ、どうだろうねえ」なんてことが仮にあったとしても、それが、新聞に載るかどうかは、別問題ですよ。
毎日新聞、仮に宮内庁関係者が言ったとしても、宮内庁関係者が嘘ついてたらどうするんだってことですよ。
あと、これを公表することを、陛下から許可を得てるのかどうか。
仮に事実だとしても、もしかしたら、こんなこと公表されることは、陛下の御心に反するかもしれないわけで。

この記事は、結局、どういう効果を持ってるかというと、安倍政権と皇室を貶める記事なんです。

安倍政権だけならいいですよ。政治物ですから、それは、新聞が権力を叩くと。
安倍政権と同時に皇室の評判も落とすような記事なんですよね。
だから、こういうの読むと、「批判されてショックだった」とか、正に、天皇陛下が我儘をおっしゃってるかのようにとる人も居るわけですから。
ですから、この記事が、天皇陛下が、実は、内々に出せとおっしゃって、出たような物とは、到底思えないわけですよ。
ですから、事実かどうかは、全く分からないですし、仮に事実としても、とんでもない話で、しかも、これ、宮内庁長官は、「陛下が発言された事実は無い」と言ってるわけですよ。
ところが、毎日新聞は「発言された事実はある」と言ってるわけだから、
つまり、毎日新聞か宮内庁長官の下に次長か、どっちかが嘘を言ってるみたいですよね。
事実はひとつですから。
まあ、兎に角、これ、裏の取りようがないんです。
実に卑怯ですね。
新聞というよりも、週刊誌でもやらないですよ。本当にレベルが低すぎる。
こういう風に媒体を使っちゃ駄目です。

有本:それで、物凄い、つまり、天皇の政治利用ってことですよね。
これが激しいのはね、天皇、あるいは皇室に対して重きを置いていないメディアとか識者と言われる人達なんですよ。
何かと言うと、「陛下はこのように思ってるはずだ」、例えば、戦争についても、とかね。
或いは、彼等が戦争法案などと呼んでいた法案についても、「きっと陛下も反対なはずだ」って。
いやいやいや、そんな、あんた何を言ってるの?っていう感じのことをね、「これだけ平和を愛する陛下だから」って、なんで、ここで、陛下を引き合いに出すの?とかね。あるじゃないですか。
それから、最近、ちょっと嫌なのは、眞子内親王殿下が、御婚約されるというニュースがあって、みんな結構慶びのニュースだったんですけども、眞子内親王は、両陛下にとっては、初めてのお孫さんで、非常に信頼を寄せていらしたと。とても賢いお嬢様でもあるので、いろんなことで期待をしてたというようなことを、いち早く出してるわけ。新聞が。
これ、どういう伏線かというと、「だから、女性宮家だ」という話なんですよ。

竹田:これ、女性宮家の件も、記事に・・・
MC:「天皇は祈っているだけでいい」って、こんな言い方もしてないでしょ。こんな言い方しないでしょ。
しませんよね。
有本:そうです。全く違います。こういう時は、必ず、保守系の論客って。ただ、論客ってつければいいのに。

◆民進 女性宮家明記が賛成の条件 退位特例法案で

共同通信によりますと、民進党は、23日の次の内閣会合で、天皇陛下のご譲位を実現する政府の特例法案について協議し、大串博志政調会長に賛否を一任すると決めました。大串氏は、会合後、記者団に対し、法案採決に伴う付帯決議案に女性宮家創設を明記することが賛成の条件になると説明し、非常に高いハードルが残っていると述べました。
皇族減少対策を巡り、政府に検討を求める項目として、女性宮家の文言を盛り込むことに慎重な自民党の譲歩を促す狙いです。自民、民進両党は、特例法案を、衆院議員運営委員会で審議入りする前に、付帯決議案をまとめることが重要だとの認識で一致しております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

竹田:まあ、毎日新聞もこういうのをやりたいんでしょうねえ。
これ、誰が女性宮家に賛成してるかっていうのを見たら、どれほど、これが危険なことか分かると思うんですよ。
これ、まずは、蓮舫ですよ。しかも、前回も私が申し上げて、有本さんが非常に憤慨なさってましたけども、
参議院の憲法審査会がなぜ開かれないかというと、民進党が審議入りをボイコットしてるからですね。
衆議院はできたけども、野党第1党が拒否していたら、参議院は憲法審査会はできない。
それを、幹事に送り込んだ、蓮舫が肝いりで送り込んだのが、白眞勲(백진훈ハクシンクン)という政治家ですけども。
蓮舫も二重国籍で、何処の国にアイデンティティがあるかも分からない人ですよ。その人が肝いりで送り込んだ白眞勲(백진훈ハクシンクン)は、朝鮮人で、一応、日本国籍を得ましたけども、元朝鮮日報の東京支局長なわけですよね。
別に、そういう人が議員になるのは大いに結構ですけども(私:え?大いに結構?竹田さん、間違ってるよ!)
皇室の為にって言って、言い始めての、女性宮家ですよ。
もう、これですね、自民党とかね、保守系の人は、「絶対に駄目だ」と言ってるんですよ。
それが、蓮舫とか白眞勲(백진훈ハクシンクン)とかは、一生懸命やろうとしてる。
これは、絶対、危険な企てなんですね。
女性宮家なんてやったら、正に「皇室の終わり」の始まりですから、要するに、女性天皇、女系天皇って、かつて議論がありましたけど、これ、装い新たに登場したのが、女性宮家なんです。
しかも、今回、眞子内親王殿下の御婚約という報道をきっかけになって、民進党が熱り立って、「そうだそうだ。女性宮家いいぞ」とやってる。
もし、これ、今国会の皇室典範改定、特別法制定して、譲位を、と言う時に、もし女性宮家を盛り込んだら、どうなるかと言ったら、たぶん、このお二人の婚約は、非常に不安定なものになりますよ。

有本:だって、皇族になるんですもんね。そんなつもり無かったんでしょ?

竹田:そうです。つまり、あの男性が、小室さんは、眞子内親王殿下を妻として迎え入れるということを決意したのであって、小室さん自身が皇族になることを決意したわけじゃないですよね。
もし、これ、国会で、女性宮家で、「じゃあ、ぜひ、眞子様お残りになって」なんて言って、「じゃあ、小室さんは?」ってなって、「いや、ちょっと待ってください」なんてことになったら、決まるものも決まらなくなる可能性がある。つまり、通常のご結婚よりも、女性宮家となった時に、急にハードルが高くなるわけですよ。
そういうことを考えると、じゃあ、民進党が、そこまで「眞子様があ」みたいな感じで、「皇室を」とか言ってるわけじゃない。かなり、ハッキリ言って、皇室なんかどうでもいい人達が主流派に居るわけですよ。
そういった時に、一生懸命、「皇室が、皇室が」「女性宮家を創設しないと滅びる」なんて、滅ぼそうとしてるんじゃないか。と思うわけ。
これは、誰が旗を振ってるかを見るだけで、
女性宮家って、一見、耳に聞こえはいいんですが、実は、皇室を滅ぼそうとすること、
これは、また、機会が有れば、じっくりと、これ、時間がかかりますから、じっくりとお話しますけど、
結局は、天皇の血統の原理を変えさせるものですから、
そんな、蓮舫辺りが旗を振ってることを、ハイハイとできるものではありませんので。
付帯決議に明記するのが賛成の条件って、だって民進党だけが反対してる話なわけですよ。
おかしいでしょ。

有本:私ね、もうひとつおかしいと思うのは、この人達、じゃあ、そんなに女性宮家というものに自分たちが拘りを持つ正当性があると思うのなら、そのことで正面から議論すればいいんですよ。
なんか、常に、付帯条件とか、なんかで潜り込ませようとするわけ。
これだけ大事な、日本の国体ですよね。そこを変えてしまうくらいのことなんだから、それに、もし本当に覚悟が有るんだったら、正面から堂々と突っ込んで来なさいよ、って感じがあるわけ。
何かに紛れ込ませたり、いろんなものに姑息に付帯させようとか、ちょっと考え違いもいいとこなのよ。

竹田:だから、結局、政治利用なんです。これも、皇室の政治利用。
これで、自民党がやろうとしてるのを揺さぶることができると。
だから、譲位の問題って、一歩間違ったら、政権が吹っ飛ぶ話ですから、これを、かといって、あんまり駄々をこねてもなんだし、この女性宮家って、一見、国民に聞こえがいいので、「これで政権を揺さぶってやろう」と。
だから、(民進党にとって)皇室なんかどうでもいいわけですよ。これ、自民党を困らせてやろうと。
要するに、党利党略でもって、この眞子内親王殿下の御婚約を政治利用するわけですから、とんでもない。
これ、ちょっと踏みつけましょうよ。
(足跡の印鑑を(笑)

有本:女性宮家のね、例えば、今の現政権が消極的でダメとか言ったら、またね、女性差別って話になるんですよ。それとこれは違いますから。
MC:あ、(足跡、)押されました(笑)お二人そろって押されてしまいました。
有本:あ、間違って裸足で押しちゃった。やっぱり、靴で押さないと(笑)
なんなの、この人達。
MC:まだ、ニュース2本しかやってないですけど(笑)(p≧∀≦q)
ちなみに、ハンコが押されてる間に、視聴者の方から寄せられたメールもお読みしたいと思います。

<視聴者からのメール>
有本さん、竹田さん、おはようございます。眞子内親王殿下がご結婚を発表されましたね。国民の1人として、素直に喜びたかったのです。が、メディアの報道に、あまりにも疑問を感じて、喜びが吹っ飛んでしまいました。
婚約者の小室圭さんに対して、あまりにも失礼な報道が多かったのではないでしょうか。
小室圭さんが自宅を出たとか、そんな報道して何になると言うのでしょうか。
まるで、マスコミが小室圭さんのストーカーに見えて非常に不愉快になりました。
竹田さんにお聞きしたいのですが、この度の眞子内親王殿下御結婚に関するメディアモードに対して、どのような印象を受けられましたか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
竹田:メディアというのは、視聴者が見たいと思うものを録ってくるわけですよ。そして、そういうのが映ると数字が上がるわけですよ。
そういう報道に疑問を持って、この後見ないという風潮だったら、そういう報道はしないんでしょうけれども、小室さんを追っかけまわして映せば映すほど、数字が高くなると。それは、ビジネスですから、やってしまうわけですよね。
でも、いくら数字が取れるからといって、やっていいことと、やってはいけないことがあって。でも、こういうことをやると、女性皇族の結婚のハードルがどんどん上がって行くわけです。
もし、女性皇族と結婚するかもしれない男性は、ああいう目に合うわけですから。
つまり、プライベートも何もあったもんじゃないわけですよ。だから、まず、女性皇族と結婚したら、紀宮清子親王殿下が黒田様とご結婚なさいましたけど、黒田さんって、みんな顔分かるじゃないですか。
必ず、記者会見をする。何度も何度も繰り返しテレビでも紹介される。だから、民間人なのに、別にテレビで飯食ってるわけでもなんでもない、ただの民間人なのに、政治家とか芸能人と同じように、顔はいつでも使われるわ、プライベートは全部暴露されるわというので、私人なのに公人のような、芸能人のような扱いを受けてしまうと。これは、普通の人は嫌ですよね。ですから、皇族女子と結婚するということ自体が、最初からハードルが高いにも関わらず、こういう扱いをすると、更にハードルが高いものになって、そうなってもいいと思う人じゃないといけませんからね。
だいたい、女性皇族が結婚することって、はなからハードルが高いんですよ。

でも、ちょっと、みなさん、イメージして欲しいんですけども、ある時、息子が、
「お父さん、結婚したい人が居るんだ」と言って、紹介しますと連れてきた人が眞子様だったら、どうします?
ぶっ倒れますよね。
「お前、ちょっと考え直せ」と。「有り得ないぞ」と。

MC:あるいは、「ちょっと時間をくれ」とかね。

竹田:「絶対に上手く行くわけないから、止めろ」と。
「だいたい、身分が違い過ぎる」というのが普通ですよ。
逆に、「よくやった、でかした!」なんて親が居たら、そもそも、そんな家は駄目です。
「有り得ない、有り得ない」と言って固持する人を、なんとか和らげて行って、
「それなら、まあ」ということで成立するしかないわけですよね。


これは、非常にハードルが高くて、女性皇族は一歩間違ったら、生涯独身でもおかしくないので。
ですから、凄く、結婚って難しいことなんです。
だから、あんまり、小室さんをこういう風に追いかけ回してしまうと、じゃあ、次、まだいらっしゃるわけですよ。女性皇族が。

自分もああなるのかなと思ったら、普通の人は、嫌がりますよ。
「喜んで、そうなりたい」なんて人が居たら、
「なに?俺がテレビに映るの?やったー!」みたいな人が居たら、
そもそも、駄目ですから、その人は。

そういうのを嫌々でも、そういうのを決断させなければならないんですから。
こうやって、難しくなる、ハードルが上がって行くんだなと、改めて思いましたね。
ですから、マスコミも、節度のある報道をしないと、将来の皇室を、更に息苦しいものにさせることになろうかと思います。

MC:何かを人質に取るようなやり方はねえ。

有本:常にそう。

竹田:さも、皇室の為と言う風に。蓮舫とかハクシンクンとか、馬鹿も休み休み言えっていうんですよ。
皇室なんかどうでもいいと思ってる人が、よくぞまあ、いけしゃあしゃあと、そんなこと言えましたね。

MC:こんなこと言ってたら、ホントのホントに、民進党、消滅しますよ。

有本:もう消滅するよ。
だいたいね、話し合いの場に行こうと言うのに条件を付けるって、日本的じゃないの。
私は、前も言ったみたいに、あの人達の血筋がね、もともと台湾にあろうが朝鮮半島にあろうがいいですよ。だけど、やっぱりね、彼、彼女達には、日本国民の代表として、あそこで、日本国の運命を決する人間だという覚悟が足らないよね。
何かの話し合いの場に就くのに、こういう条件だ、ああいう条件だなんて言うのは、チンピラのやることよ。ほんとに。そう思わない?

竹田:まあ、チンピラとか暴力団とか、中華人民共和国とか、

有本:そうね、大韓民国とかね。なんでもかんでも、慰安婦の像を建てたりなんかして、イチャモンつけて、日本と話し合うのには、こうじゃなきゃとか、どうだこうだと、そんなこと言うのは、あの人達ぐらいのもんなのよ。

竹田:下衆の極みとは、このことですよね。

+゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*++゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*+